2016
10/25

COMMENTS:
No Comments »

インフラ系エンジニアが抱える問題点とは

インフラ系エンジニアは、比較的安定した職業だと言えます。
大企業に雇われて、しっかりとした年収と待遇を手にすることも不可能ではないからです。
ただ、安定しているがゆえのデメリットもあると言えます。
ソフトウェアプログラマのように頻繁に転職をすることが難しく、フリーランスとして独立開業することはかなりハードルが高くなります。

もちろん、相当なスキルと経験があれば会社を起こすことも可能です。
難易度は、ソフトウェア系のプログラマに比べると跳ね上がります。
上から与えられた仕事を淡々とこなしていかなければならず、自分で創意工夫をする余裕は少ないです。
一度関わった仕事からはなかなか離れることができませんし、人によっては数年間同じ仕事をし続けなくてはならない点も問題だと言えそうです。
飽きっぽい人や、ハイリスクハイリターン型の仕事がしたい人には少々物足りない部分も出てくるかもしれません。

ただ、安定度ではIT関連の仕事のなかでもトップレベルです。
家族を持っていて、リスクが取れないという場合には最高の選択肢であることに間違いはありません。
また、他のIT関連職と同じように、毎年勉強をし続けなくてはならない点ももちろんデメリットとして数えられることでしょう。
仕事を辞めるその時まで、勉強をし続けなくてはならないのはかなりの精神的負担となります。
仕事以外の時間を仕事に費やさなくてはならないので、趣味の時間等は減るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です