2016
10/15

COMMENTS:
No Comments »

インフラ系エンジニアの仕事環境

インフラ系エンジニアとして活躍する際には、様々な働き方があります。
それぞれの希望に合わせた働き方も選べるため、将来性のある職種ともいえるでしょう。
しかし、イメージからして、パソコンの前に何時間も座っていると思われがちです。他にも、静かで暗いイメージが浮かぶかもしれません。

それらを払拭するために、インフラ系エンジニアの仕事環境について紹介します。
インフラ系エンジニアの場合には、所属している企業に勤務をするところもあれば、お客様先で常駐して仕事をすすめることもあります。
フリーランスとして仕事をしている場合には、自宅で仕事をすることもあれば、依頼企業に常駐することもあります。
暗いイメージがあるけれど、どんな雰囲気なの?と、思われる方もいると思いますが、やはり雰囲気は企業のカラーによっても変わってくるでしょう。
お客様先で常駐する場合には、ほとんど社員の人と接する機会はありませから、同じエンジニアと接することが多くなります。
残業は多いのだろうか?と思われる方も多いと思いますが、やはりリリース前というのは残業が多くなるでしょう。

しかし、仕事が落ち着けば、残業がなく定時で帰宅出来ることもあります。
残業は、並みがあると考えていた方が良いかもしれませんね。
時には、トラブル時に呼び出しがかかることもありますから、休日でも急遽仕事となることもあるでしょう。
このように、インフラ系エンジニアの仕事環境は、どういった働き方をしているかによっても変わってきます。
出来れば、多くの方と接することが出来る環境であれば、様々な勉強をすることが出来ますから、仕事へのメリットも大きくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です