2016
09/21

COMMENTS:
No Comments »

インフラ系エンジニアの収入について

人には希望職種は、それぞれあると思います。
IT系であれば、収入も良さそうと、いう理由からこの業界に入ろうと考えている方もいるでしょう。
仕事をする上で、収入面というのは大きなポイントともなります。
収入が良ければ、それだけモチベーションも維持することが出来るでしょう。

ここではエンジニアの中でも、インフラ系エンジニアの収入についてご紹介しましょう。
インフラ系エンジニアの収入は、経験・知識・スキルによって変わってきます。
他の職種と比べると収入設定は高めではありますが、人によってかなり差がある職種ともいえるでしょう。
収入平均としては、基本スキルがある方であれば、年収400万円前後。
プロジェクトリーダーなどになった場合には、年収700万円前後。
テクニカルサポート系や運用監視等の仕事の場合には年収600万円前後となっています。
もちろん、年齢によっても変わってきますから、経験を積んでいくことでこれらの収入をさらに上げることも期待出来るでしょう。
中には、1,000万円の年収を越えている方もいます。
こういった方がいると聞くと、夢も広がりますよね。将来は1,000万円の年収を目指すという目標にもなるでしょう。

このように、インフラ系エンジニアの場合には、どれだけのスキルがあるかによって収入は変わってきます。
フリーランスとして仕事をすることも出来る仕事ですから、それぞれの考え方に合わせた働き方が出来るでしょう。
自分次第で、収入アップに繋がる職種と言えるかもしれません。
インフラ系で可能性を見つけたいなら□□□インフラエンジニアの今後を考える会 □□□こちらのサイトを参考までにどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です